Siberian/Ragdoll/Scottish fold

猫ブリーディング CATGRACE舎

CAT GRACE舎について

のらねこ

私が「猫」という存在に出会ったのは、20年以上前になります。

その出会いは「罪悪感」とひたすら向き合う出会いでした。私は現在に至るまで、多くの猫達が車という凶器によって「生きる」事を突然に寸断され、虹の橋を渡った猫達でした。命の現場に居合わせる事が多くあり、何匹という猫達が私の手の中で息を引き取りました。「こんなに怖い目に遭い、恐怖と痛みを感じていたであろうその猫達」を一人で虹の橋を渡らせたくない気持ちで、胸に抱き虹の橋へ向かうまで一緒に静かで、無力な自分に出来る術もない時を共にしました。

その「罪悪感を無くす」為に、「命を救う」動物看護師として働き始めました。

これで緊急措置が学べると思っていましたが、現実は「命の格差」という人間都合の現場でした。

幸せな家族に病院に連れて来られる子、そして緊急で運ばれ命の灯が消え行く子…この子達には人間の「都合」で処置も受けられずに灯が小さくなっていくしかなかった子達です。

私の「罪悪感」は、動物看護師となっても大きくなるばかりでした。

だったら
これからは、子猫達を温かいご家族の元にお届けし、幸せな生活をして欲しいという思いで
「動物病院併設 保護カフェを作ろう」

これが最終目標と、またこの手で育てた仔猫達を暖かい家族の元へ届けられる

「ブリーダー」を始めることになりました。

ブリーダーとなって思う事は、授乳中の母猫がとても幸せそうにしている様子をみると、命に対してより一層責任を感じる事です。

無理なブリードをするのではなく、母体の回復を第一にし、また健康で体格の良い子猫が誕生してくれるように、母猫には次回交配に向けて十分な休養期間を設けております。

虹の橋を渡っていった子達の分まで、生まれた子達は幸せで温かいご家族へ命のバトンを渡したいと思います。

「虹の橋を渡った子達は、いつまでも私の心に存在し続けます。」

当舎飼育の心がけ

  • ケージに入れたままの飼育ではなく、常に親猫達は自由に生活しております。
  • 親猫の遺伝子検査も行っております。(ご希望がございましたら、親猫の遺伝子検査結果のコピーをお渡しする事も可能でございます。)
  • 季節や猫の体調を考え、フードの調整をするように心がけております。
  • フードは、置きっぱなしではなく、朝晩と容器もフードも新しい物を与えております。
    (当舎は、ロイヤルカナンTMを使用しております。)
  • 衛生面におきましては、朝晩の部屋の清掃、消毒拭き掃除をしております。

資格等

第一種動物取扱責任者
兵動第 2011435号  古藤順子
家庭動物管理士
第 3210486号
小動物飼養販売管理士
SS-O20-035
愛犬飼育管理士
NO.5159/20
動物看護士経験